トライオートFX 攻略ブログ
  • RSS

 【第1回】大幅コスト改善。マニュアル取引でも戦えるように

1601_tsurumi_900_250.png

2016年2月8日(月)からリニューアルするインヴァスト証券のトライオートFX。
その全容についてインヴァスト証券 取締役CMOの鶴見氏にインタビューを行いました。

― トライオートFX。リニューアルして何が変わるのか聞いてみた。[全4回] ―
【第1回】大幅コスト改善。マニュアル取引でも戦えるように
【第2回】利用率81.4% なぜ「自動売買」なのか
【第3回】投資額からプロが提案。あなたに合った自動売買プラン
【第4回】トライオートFXの更なる秘密

やっと辿りついたトライオートFXの " 最終形態 "

―リニューアルを繰り返しているトライオートFXですが、今回はどのような点が変わるのでしょうか。

今回は、マニュアル取引と自動売買の2つの側面について、「最終形態」に相応しいリニューアルを実施します。
お客様の裁量でお取引いただく「マニュアル取引」は、主にコスト面を大幅に改善します。機能面では、注文や建玉状況の確認が1画面で完結できるようになります。
自動売買については、新たに開発した「自動売買パネル」に従来の自動売買機能「仕掛けランキング」、「クイック仕掛け」、「AP注文作成」が全て集約され、注文作成・管理が圧倒的にしやすくなりますね。複数の注文を組み合わせて作る"仕掛け"を選定のための「アドバイス機能」も強化されますし、スマホアプリでも仕掛けランキングか使えるようになります。
リリースして約2年、数多くのバージョンアップを行ってきましたが、今回のリニューアルがある意味「総決算」といったものになりますね。

待望のコスト改善で戦闘準備完了

―スプレッドはドル円0.3銭!取引コストは業界最狭水準ですね。

はい。今さらながらですがやらせていただきます。インヴァスト証券は低スプレッドを売りにしたFXサービスはありませんでしたが、多くのお客様からの希望も多かったので、トライオートFXで対応させて頂くことにいたしました。
中でもユーロドルは他社0.5pipsに比べて更に狭くするんです。スワップも頑張っていると思います。(下表参照)

トライオートFX大手A大手B大手C
ドル円 0.3 0.3 0.3 0.3
ユーロ円 0.6 0.6 0.6 0.6
ユーロドル 0.4 0.5 0.5 0.5
豪ドル円 0.7 0.7 0.7 0.7
豪ドル円スワップ +40
-42
+48
-51
+40
-40
+42
-65
南アランドスワップ +8
-10
+10
-13
+9
-9
+8
-17
通貨ペア数 17 14 20 20
最小取引数量 1,000通貨 1万通貨 1万通貨 1,000通貨
最大取引数量
(ドル円)
100万通貨 100万通貨 100万通貨 300万通貨

※2016年1月4日当社調べ。各社のHP等の情報を基に作成。
※豪ドル円スワップ、南アランド円スワップは1万通貨単位(1月4日時点)

―1000通貨からの取引も可能になると伺いました。

取引単位については、これまで自動売買(オートパイロット注文)のみ1,000通貨単位のお取引が可能でした。
マニュアル取引は最低取引単位が1万通貨でしたが、これを1,000通貨に引き下げます。
スプレッドの縮小と取引単位の引き下げにより、コスト面においてかなり取引しやすい環境が整ったと考えています。

1画面で全て完結、必要な機能が集約された

―マニュアル取引の機能面の改善について教えてください。

注文の照会画面、発注画面、チャートを1画面にまとめた「マニュアル専用パネル」をご用意しました。
発注画面は、今までのようにレートをクリックするだけで発注できるようになっています。こちらは、お客様にご要望をいただいて、サイズを縮小できるように多少変更しています。また、必要証拠金をパネル内で確認できるような仕様としています。
スマホアプリ版には「マニュアル専用パネル」はありませんが、チャート見ながら発注できるようになります。
その他、FIFO機能の追加、建玉毎の一部決済や選択しての一括決済など、マニュアル取引するために必要な機能を追加しました。
マニュアル取引の機能改善は、どちらかというとあってしかるべき機能を搭載させた、というものになります。マニュアル取引は、今までお取引に不都合が多々あったかと思いますが、今回のリニューアルでかなり改善されるはずです。

1601_tsurumi_01_pic01.png

" 使い分け " それがトライオートFXの最大のメリット

―トライオートFXと言えば「自動売買」のイメージが強いですが、トライオートFXで「マニュアル取引をするメリット」について、お聞かせいただけますか?

はっきり申し上げて「マニュアル取引だけ」という観点で考えると、スプレッドやスワップといったスペック面では他様と大きな差があるわけではありません。
今回マニュアル取引面でスプレッドを縮小したり、1,000通貨対応や取引機能を強化しているのは、より様々な取引手法ができる環境を提供するためです。
投資家の皆さまは、「FX投資で資産を増やす」ことを目的にFXをされている訳ですから、極論するとコスト面だけ優れていても実際の投資結果が伴わないのであれば意味がないですよね。当社の別のFXサービスである取引所FX「くりっく365」は、トライオートFXと違い、手数料ありもスプレッドも広いですが、継続して利益を出されているお客様はたくさんいらっしゃいます。
もし、自分の父親が今から初めて裁量FXをやりたいと相談に来たら、手数料のある「くりっく365」からはじめることを勧めると思います。手数料がかかるのでエントリーが慎重になり、初心者にありがちな「なんとなく短期売買」が防げるからです。
大事なのは利益を出し、想定外の損失を防ぐこと。そのために自分に合った取引手法を見つけなければいけません。
トライオートFXをご利用頂いているお客様は、上級者のFXトレーダーも多いので「中長期の運用は仕掛け(自動売買)で、短期トレードはマニュアル」というようにスタイルを分けてる方が多くいらっしゃるようです。
今回のマニュアル取引の強化は、この短期トレードを得意とするような方には喜ばれるものだと思います。そうでない方はスプレッドが狭いからといって今までの手法を変えて、無理な取引はしないように気を付けてくださいね。
相場の動きに応じて「マニュアル取引」と「自動売買」を使い分けて頂くと、トライオートFXのメリットを最大限感じて頂けることと思います。

― トライオートFX。リニューアルして何が変わるのか聞いてみた。[全4回] ―
【第1回】大幅コスト改善。マニュアル取引でも戦えるように
【第2回】利用率81.4% なぜ「自動売買」なのか
【第3回】投資額からプロが提案。あなたに合った自動売買プラン
【第4回】トライオートFXの更なる秘密

1601_tsurumi_photo.png

鶴見 豪(つるみ ごう)インヴァスト証券株式会社 取締役CMO

1980年横浜市生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。
2002年インヴァスト証券の前身であるKOBE証券に入社。2005年退社するも2010年に再度入社し、2014年6月取締役就任 現在に至る。
同社にてカスタマーサポート、システム、マーケティングを管掌。
自身が開発に携わるサービスではリアル資金で自らも取引を行っている。ペンネームは金の卵おじさん。Myシストレ24とトライオートFXの考案者。


to page top