注文変更

APカードの「AP注文設定」では、AP注文の設定を変更することができます。
稼働してから、「トレンドの発生が思ったより急だった」、「ボラティリティが小さくなった」など相場の変化に合わせて、AP注文の設定を変更できます。

稼働中でAP注文が建玉を保有している場合

決済注文と自動売買の注文条件を変更できます。
決済注文の設定変更は、設定していた利確幅と損切り幅を変更でき、現在保有している建玉の決済のタイミングに反映されます。
自動売買の注文条件の設定変更は、現在保有している建玉が決済された後、このAP注文の次の注文(フォローまたはカウンター)の設定を変更できます。

稼働中で建玉を保有している場合

稼働中でAP注文が建玉を保有していない場合

新規注文、決済注文、自動売買の注文条件の全てを変更できます。
稼働中で建玉を保有していない場合は、一度取引が行われ、最初に設定した自動売買の注文条件に沿って新規注文の条件になるまでAP注文が待っている状態です。
新規注文の設定を変更することで、自動売買の注文条件を一度無視し、新たに設定した新規注文の価格で取引をスタートすることができます。

稼働中で建玉を保有していない場合

例)100円で決済。現在価格は110円で、カウンターで、90円になるまでAP注文が待っている場合

現在価格が110円で、カウンターで設定している価格までなかなか到達しないので、新規注文の設定を109円に設定。
109円になると新規注文をし、建玉を保有します。


to page top