FXとは?

FXって聞いたことはあるけど、実際どんな取引なんだろう?と思われる方も多いのではないでしょうか。
FXとは「Foreign Exchange」の略、「外国為替証拠金取引」のことで、ドルやユーロなどの時々刻々と変動する通貨を売り買いし、利益を狙う取引です。

異なった2つの通貨を転換して利益を狙う

海外で代金を支払うとき、円ではなく外貨で払うとしたら、外貨を用意する必要があります。
その際、円を外貨に転換する行為が「外国為替取引」です。
FXとは、外貨を円で買う⇔買った外貨を売って円に戻す際の「為替レート」の差を利益にしていくものです。

例えば、1万ドルを購入するとき、為替レートが「1ドル=100円」の場合、100万円で1万ドルを購入できます。
その後、為替レートが「1ドル=110円」になった際、買った1万ドルを売って円にすると、110万円になり、10万円分の利益を得ることができます。

「円安」「円高」?

よくニュースで耳にする「円安」「円高」はFXにおいて、とても重要な言葉です。
円とドルで考えてみましょう。「円安」とは同時に「ドル高」と言えます。同様に、「円高」とは「ドル安」と言えます。

円安(=ドル高)の場合

為替レートが「1ドル=100円」⇒「1ドル=110円」になったときを言います。
1ドルを購入する際、100円必要だったものが110円必要になる=ドルの価値が上がっている(ドル高)=円安ということです。

円高(=ドル安)の場合

為替レートが「1ドル=100円」⇒「1ドル=90円」になったときを言います。
1ドルを購入するのに100円必要だったものが、90円でよくなる=ドルの価値が下がっている(ドル安)=円高ということです。

円安円高

これはどの通貨ペア(ユーロ/米ドル、ユーロ/豪ドル)などの場合にも存在します。この為替レートの変化で取引し、利益を狙います。

為替レートって?

為替レートとは、2つの通貨を転換する時の取引価格、または相場のことを言います。
レートは日々変動し、それにより取引では利益(為替差益)や損失(為替差損)が発生します。
GDP(国内総生産)の伸び率、失業率、小売売上高など各国から発表される経済指標の数値によって通貨の価値が変動し、為替レートが動いていきます。
特に最も多く流通している米ドルの発行元であるアメリカの経済指標は大きな影響を与えます。


to page top